Candy Times★メルボルンからお届け by Carol Springwood

メルボルン在住のちょっぴりオタクなロリィタが運営するブログです。 お出かけスポットや、Netflixや海外ドラマ・映画のネタバレ感想を気ままに綴ります。

1台あると便利!*優秀な格安ハンディスチーマー

一時帰国中でお洋服をたくさん日本へ持ってきたのですが、詰めすぎて全部くしゃくしゃ!!


アイロンがけの難しいドレスもたくさんあり、宿泊先の移動も多いのでハンディスチーマーを購入してみました!色んな商品レビューを見たのですが、使ってみなきゃ結局分からないと思い、中古で見つけたものを今回はレビューしてみたいと思います。

ハンディスチーマーとは

ハンディスチーマーではないですが、私のオーストラリアの家には大きなスチーマーがあります。こんな感じの物です。
Loritar(ロリター)ガーメントスチーマー 衣類スチーマー ハンガースチームアイロン インスタントスチーム 超高速 ハンガーにかけたまま簡単にシワ伸ばし シワ取り 除菌 消臭 3in1機能 360度回転

こちらはずっと蒸気を出し続けるタイプで、とても強力です。ファッションショーのお手伝いでも、工業用のさらに強力なスタンドタイプのものを使ってお洋服のしわを取っていました。蒸気でしわを取るので、ギャザーの多いものやドレスなどに大活躍です。アイロンと違って熱でお洋服を傷める心配もないので、温度調整も気にせず色んな服に使えます。


しかし、こちらのタイプのものだと持ち運ぶのも大変なので、旅行中もそうですが、小さなお部屋だったり急いで使いたい場合などは出すのに一苦労です。


ハンディスチーマーは衣類スチーマーを、その名の通り小さくしたものです。手軽に持ち運べるし、収納にも困らないのでとても便利!旅行用に作られているものもたくさんあります。


ちなみにオーストラリアでもハンディタイプの衣類スチーマーがあるのですが、日本ほど種類が無く、大きなスチーマーも持っていたので使う機会がありませんでした。小さくて比較的安いものを購入しましたが、果たしてしわは取れるのか?

購入したのはこちら!

こちらのピンクバージョンのスチーマーの中古未使用品をジモティーで購入しました。出品した方はすでに同じものを愛用しているそうで、丁寧に使い方も教えてくれました。数年ほど前の型のものだそうですが、ネットでも新品をお安く購入することが出来るみたいです。
f:id:cmr410:20190413134940j:plain:h450
温度は低・中・高とダイヤルを回して設定できます。ブラシなしで、アイロンとして使用することも出来ます。スチーマー機能だけを利用するつもりだったのですが、アイロンがけも出来るのは嬉しいです。
f:id:cmr410:20190413135126j:plain

付属品

  • スチームに使うブラシ二つ
  • お掃除用のブラシ
  • スタンド
  • 計量カップ

f:id:cmr410:20190413134933j:plain
こちらの赤いブラシをよく使うと、出品者から言われました。スチームをかけながら、洋服についたほこりを取ることが出来ます。しわを取りながら、ほこりを取れるなんてすごく便利です。
f:id:cmr410:20190413135132j:plain:h450
ファーなどに使えそうな長めのブラシと、ブラシを掃除するためのブラシも付いています。色んなタイプの洋服に使えそうです。


付属の説明書も、使い方がとても分かりやすく書かれています。

使用してみた感想

今回はハンガーに洋服をつるして、スチーム機能のみで検証してみました。

薄め・柔らかめの生地

スチーム前

f:id:cmr410:20190413135001j:plain:h450
こちらのドレスは、Yシャツなどで使われているような、薄めのコットンで作られています。畳んでいた時のしわがはっきりと見えます。


スチームをシュッシュとかけていきます。ボタンを押したらスチームがシューと2秒ほど出る感じです。スチームをしわが目立つところで発射していく感じで、しわ取りをします。

スチーム後

f:id:cmr410:20190413134953j:plain:h450
目立つしわはなくなりました!
たった5分ほど、見えるしわに集中してスチームをかけただけなのですが、思ったよりもきれいになりました。
アップ

f:id:cmr410:20190413134949j:plain:h450
近くで見ると小さなしわがちょっとあります。洋服を着ている間にこんな感じのしわになることもあります。私にとっては、あまり気になるようなものではないです。


ポリエステルの配合量が多い布だったらもう少し表面の仕上がりがなめらかになると思います。

少し厚めの生地

スチーム前

f:id:cmr410:20190413135011j:plain
こちらは先ほどより少し厚めの生地です。しわの癖がドレスのシルエットを変えるほど付いています。


先ほどと同様にスチームをかけてみました。

スチーム後

f:id:cmr410:20190413135016j:plain
見た目が少しましになったかな。大きなしわは目立たなくなりました、しかし細かいしわがまだ目立つくらい残っています。ちなみにこちらは厚めだったので、先ほどより5分ほど長くスチームをかけました。大きなしわが無くなったので、着るには十分ですが、アイロンも必要だと感じました。

アイロンほどピシッと仕上がらない

夏物のお洋服や、ワイシャツほどの薄い生地なら気にならないほどしわがなくなります。厚手のものも大きなしわが目立たなくなるので、急いでいるときにはちょうどいいです。ハンディスチーマーのみだと、柔らかい感じに仕上がります。生地によっては表面の細かいしわが気になると思います。シャツやスーツなどハリのあってピシッとした仕上がりを求めるなら、やはりアイロンを使ったほうがよさそうです。こちらのハンディスチーマーのように、アイロンも出来るものだったら1台でほとんどのお洋服のしわ取りが出来るのでおすすめです。

でも使い方によってはとても便利!

安いスチーマーなので少し不安でしたが、思ったよりもしわが取れて大満足です。一時帰国で、たくさんの服を詰めてきてしまいましたが、気にならないほどにしわが取れたのでこれからも大活躍しそうです。難しい操作も特にないし、コツを掴めば1回の給水で3着はしわ取りが出来ます。


スチームのみは柔らかく仕上げたいギャザーの入ったお洋服や、カジュアルなカットソーやTシャツなどに使用するのがおすすめです。


あまり荷物が重くならないようだったら、こちらのスチーマーを持っていくことも出来ると思います。旅行用の軽量の物もあるので、用途に合わせてスチーマーを購入するといいと思います。


ちなみにこちらは海外の電圧に対応していないので、海外旅行に持っていくのは控えたほうがいいでしょう。変圧器を使った動作の保証もないようです。私は国内での使用のために購入しましたが、とても便利なので海外の電圧に対応したものも欲しいと思いました。


おしゃれを楽しみたい人はぜひ1台持っておくと便利なアイテムです!


それでは!