Candy Times★メルボルンからお届け by Carol Springwood

メルボルン在住のちょっぴりオタクなロリィタが運営するブログです。 お出かけスポットや、Netflixや海外ドラマ・映画のネタバレ感想を気ままに綴ります。

Secrets*メルボルン 2019/2/1 Fragile Figures Anniversary tour

昨日はずっと参戦したいと思っていたアメリカのポストハードコアバンド『Secrets(シークレッツ)』のライブに行きました!
今回のツアーはアルバム『Fragile Figures』の5周年記念として行わているツアーです!

Fragile Figures

Fragile Figures

会場はEvelyn Hotel。今回は前座にメルボルンのバンド2組、人気上昇中のブリズベン出身ポストハードコアバンドが参加!

8時オープンですが、私は15分ほど遅れて会場に到着。でも外にはまだ長い行列が!5分ほど待って入れましたが、もう最初のバンドが始まっていました。

To Octavia

メルボルン出身の新生バンドです!会場の外にも音が漏れていたので、最初から見れなかったのが心残り。
f:id:cmr410:20190202223252j:plain

クリーンボーカルはベースも弾いていました!後半からからボーカルだけやってましたが、声がものすごく好み!というかレオ様ヘアでフリフリのトップで花柄のパンツ履いてて可愛かった(笑)


スクリームのボーカルもいるのですが、なんとどちらのボーカルもクリーンとスクリームが出来ちゃいます。スクリームの掛け合いがとてもよかったです。


メルボルンエモロック系のクラブでも意欲的に活動をしているので、前方にはモッシュを始めるファン軍団がいましたね。最後はモッシュにボーカルもステージを降りてちょっぴり参加!
なかなかハードなバンドのライブで見ることがない、女性ギターいたのがとっても新鮮でした!

楽曲は悪くないけど、よくある感じでしたね。個人的には結構好みのサウンドです。カリスマ性があるので、今後も注目していきたいと思います。


The Vestige

こちらも比較的新しいメルボルン出身のバンド。
f:id:cmr410:20190202223319j:plain

出だしは、ぱっとしない感じでしたが、セットが進むに連れてボーカルの声の通りが良くなってました。
ギターが上手い!エフェクトペダルを上手に使っていて、かなり深い響きのあるメロディを奏でていました。

音は2010年代前半のメタルコアでよく聴く、さわやかで切ない感じのサウンドでした。

盛り上がりにかけていたようだけど、メインバンドじゃないから仕方ないですね。

Awaken I Am

ブリズベン出身の今とっても勢いのあるバンドです。
f:id:cmr410:20190202223340j:plain

ドラムトラブルがあったけど音響もいいし、自前のマイク使ってたので前のバンドたちに比べて、いい音!トラブルのせいで、ボーカルの人が繋げるためにめちゃくちゃ話してました(笑)でも、トークがうまい!何気なく宣伝も入れてて笑っちゃいました。


ベースの音がとてもヘビーでよかったです。


音のバランスがとても良く取れてて、曲の感じもとても良かったです。バンド入れ替えの間も、音量テスト徹底的にやってたので、そのおかげかな?しかし、このバンドから急に音量が倍くらいに上がったのでびっくりです(笑)

1週間前に発表された新曲も披露!けっこう会場も盛り上がっていました。

Secrets

爽やかさのあるハードなバンドSecrets。
f:id:cmr410:20190202223533j:plain

セットリストはありませんが、今回は『Fragile Figures』のデラックス含めた収録曲全てを披露してくれました。
途中メルボルンのファンからのリクエストという事で特別に最新アルバムに収録されている『Incredible』を披露してくれました!今回のツアーでこの曲聴けるのは今日だけだよって、念押ししていました。


思ったよりモッシュの激しいバンドでした。今回は個人的に体調も良くないので、モッシュに入るのは控えようと思っていたのですが、大好きな『Ready For Repair』が流れたので我慢できずに参戦!モッシュピットは息が出来ないくらい暑がったです。戦場覚悟で何回か入りましたが、予想通り転びました(笑)腰を思い切り打ったのですが、それでも楽しかったです!


シークレッツにもShoeyコールをするメルボルン人たち(笑)ボーカルが「いつも聞いてくるけど、Shoeyってオーストラリアの人たち好きなの?アメリカじゃそんなの無いよ。気持ち悪いから絶対やらないからね(笑)」って丁寧にお断りしていました。

メモ:どっかで書いた気もするけど、Shoey(シューイー)っていうのは、靴にお酒を入れて飲むオーストラリア独特のある種の儀式(笑)パンクやメタルのライブだと、主に男性ファン何人かがステージに靴を投げて、Shoeyコールを開始します。気持ち悪いのでやらないバンドマンが多い(笑)


アンコールでは最後に相応しく『Sleep Well, Darling』を歌ってくれました。会場中が(主にモッシュピットの男性陣)が腕を組んで、揺れているのがとても印象的でした。


ライブ後、会場でしばらくのんびりするねと言っていたので待っていたら、物販近くでボーカルのRichardと遭遇!一緒に写真を撮ってくれました(n*´ω`*n)「ライブ本当に本当にサイコーだった」って伝えたらハグもしてくれて、めちゃくちゃ嬉しかったです。

今回のライブも大成功だったSecrets!前座も注目したいバンドばかりでとても$25とは思えないショーでした!もっとチケット代高くても見に行くのに!

ちなみに私は、未だに8か月くらい前ににSecretsがオーストラリアに来た時、体調不良で行けなかったの後悔してます(;´Д`A ``` 今回、本当に見に行けてよかった!

それでは、また!